UiPath:配列データの抽出。変数を使った抽出方法。配列データの注意点。


 UiPathでCSVやExcelなどのデータを取り込むと、「DataTable型」の二次元配列として取り込まれます。
 この二次元配列の変数から必要としている情報を取り出す方法について、ここでは説明していきます。

◆二次元配列のデータの抽出方法

 以下のようなCSVを「CSV_Data_Array」という変数に取り込んだとします。
 ※列上の赤文字の数字は説明のために追加しています。

配列データからの抽出方法

 例えば、「科目」が「英語」部分を取り出したい場合、行(縦)を「1」、列(横)を「2」とすると抽出できます。
 「UiPath」では以下のようになります。

変数の配列の添字を指定する場合は、その値を「()」で囲みます。
メッセージボックスの場合は以下のようになります。

変数利用時の抽出方法

 添字に変数を利用したい場合があります。
 抽出する値の変数を「LoopIndex」とした場合、配列から情報を取り出す場合は以下のように書きます。
 ここでは「LoopIndex」の値によって、科目列の行が変動します。

◆配列のデータ利用時の注意点

 UiPathでは配列から取り出した値は「Object」型となるので、抽出した値を使って「文字を入力」(String型)などを行う際に自動変換されずにエラーとなります。
 そのため以下のように「String」型などになるように型変換を行う必要があります。

「文字を入力」の例は以下のようになります。

 以上、簡単ですが配列からのデータの抽出方法の基本と、変数を利用した場合の抽出方法とその注意点でした。


おすすめ