VBA:ファイルの削除「Killステートメント」


  • フォルダにあるファイルを削除してから処理をしたい。
  • 作業後、フォルダのファイルを削除したい。
  • このような場合は、ファイルを削除する「Killステートメント」も使えます。

    ◆ファイルを削除する

    「Killステートメント」の構文としては

    となります。
    以下がサンプルコードとなります。標準で使えるものなのでコードもシンプルです。

    構文:Kill “削除するファイルのパスとファイル名”
    ファイル名にワイルドカード「*」や「?」も使えます。
    ※ファイルが存在しないとエラーになります。



    おすすめ