Power Automate:Excelデータの取込み・シートの指定方法


◆Excelデータの取込み方法

 RPAでデータを取り込んで使いたい時も多いので、ここではExcelデータの取込みについて説明していきます。
 Excelの場合は以下の4ステップで設定を行えます。

  1. 対象のExcelファイルを起動する
  2. 対象シートをアクティブにする
  3. データを取り込む
  4. Excelを閉じる

1.Excelファイルの起動

(1)アクションの追加

まずMainフローに「Excelの起動」をドラッグ&ドロップします。
場所:「アクション」⇒「Excel」⇒「Excelの起動」

(2)「パラメータ」の指定

 対象のExcelのパスを指定します。右側のボタンを押すとダイアログが開きます。
 設定が終わったら「保存」を押します。



2.対象シートをアクティブにする

 「Power Automate」は取込み時にアクティブなシートを取り込むので、Excel起動後に対象シートをアクティブにします。

(1)アクションの追加

 まずMainフローに「アクティブなExcelワークシートの設定」をドラッグ&ドロップします。
場所:「アクション」⇒「Excel」⇒「アクティブなExcelワークシートの設定」

(2)「パラメータ」の指定

 ワークシート名を入力し、「保存」を押します。



3.データを取り込む

(1)アクションの追加

まずMainフローに「Excelワークシートから読み取り」をドラッグ&ドロップします。
場所:「アクション」⇒「Excel」⇒「Excelワークシートから読み取り」

(2)「パラメータ」の指定

 「取得」をひとまず「ワークシートに含まれる使用可能なすべての値」としています。
 また1行目はヘッダーにしているので、「範囲の最初の行に列名が含まれています」を有効にします。
 ※選択したセルや、セル範囲の指定などの設定も可能です。
 設定が終わったら「保存」を押します。



4.Excelを閉じる

(1)アクションの追加

まずMainフローに「Excelを閉じる」をドラッグ&ドロップします。
場所:「アクション」⇒「Excel」⇒「Excelを閉じる」

(2)「パラメータ」の指定

 設定は触らずに「保存」を押します。

5.フロー画面の確認

 フロー画面にアクションが追加されているのが確認できます。



6.実行と確認

 実行ボタンを押して、ブラウザの起動から、検索枠への文字列の投入、検索ボタンをクリックが動作するか試してみます。

(1)実行

 フロー画面の上にある以下の実行ボタンをクリックします。
 作成したフローが動き、変数にデータが入ります。

(2)結果の確認方法

 フローの右側の「変数」一覧の「フロー変数」に取り込んだ行数と列数が表示されます。

 変数名部分をダブルクリックすると、取り込んだデータを見ることができます。
 以上、簡単ですがExcelの取込み方法でした。


おすすめ