Power Automate:基礎1:ブラウザの起動方法


◆ブラウザの起動方法

「Power Automate」の基本操作として、ひとまずブラウザを起動してみます。
ここでは「Edge」を起動を例に説明していきます。「Chrome」など別のブラウザでも基本的には同じです。

◆ブラウザの起動フローの作成

(1)フロー画面でアクション(やりたいこと)を見つけて、右側にドラッグ&ドロップします。

ここでは、ブラウザを起動させたいので「アクション」⇒「ブラウザー自動化」⇒Webフォーム入力」⇒「新しいMicrosoftEdgeを起動する」を選択します。


(2)以下の画面が開くので「初期URL」に開きたいサイトのURLを入れ「保存」をクリックします。


(3)フローの右側に以下のように作成したアクションが表示されます。




◆フローの実行

作成したフローを実行します。

(1)フロー画面の上にある以下の実行ボタンをクリックします。

(2)作成したフローが動き、ブラウザが起動します。

◆関連記事

Power Automate:基礎2:テキストボックスの入力

【Power Automate】Power Automateを使ったWebスクレイピングの基本となるテキストボックスの入力と検索方法について説明します。

Power Automate:基礎3:ボタンのクリック、検索の実行方法

【Power Automate】ボタンのクリック、検索の実行方法


おすすめ