VBA:ツールのバージョン管理(txtファイル利用)


  • 周知をしたのに古いツールのまま作業をしている人がいる。
  • ツールのバージョン管理を行いたい。
  •  ツールを改修して周知をしても、古いままツールを使い続けてしまう場合があります。
     そこでツールの起動時にバージョンをチェックして、ユーザに最新バージョンがあることを知らせるVBAを組み込むことにしました。

    ■バージョンチェック概要

     今回はテキストファイルにツールの最新バージョンを記載し、サーバの共有フォルダなどで一括で管理を行い、起動時にチェックをするようにしています。

    ◆バージョン管理用テキストファイル

    管理用のテキストファイルは以下のように登録しておきます。
    ツールの数はいくつでも設定できます。
    ツール名とバージョンの間は「タブ」区切りにします。
    メモ帳のデフォルトの「UTF-8」だとVBAで文字化けをするので「ANSI」に変更して保存します。



    ■バージョン管理のVBA

     今回はAccessで作ったので、最初のフォームをオープン時にチェックがされるようにしています。
     このVBAでは「C:\Users\VBA\28_バージョンチェック」フォルダにある「バージョン管理.txt」を見に行き、そこに記載された「testツール1」のバージョンが「ver1.00」と一致するかどうかチェックしに行っています。
     サーバなどの共有フォルダに管理ファイルを置けば、他のユーザもこのファイルを使ってチェックができるのでバージョンの一括管理が可能になります。



    おすすめ