VBA:ダイアログを使った複数or単独ファイルの選択方法


  • ツールを作るときにダイアログで取込むファイルの指定をしたい。
  • ダイアログで複数ファイルを一括で選択して取込みたい。
  •  VBAでツールを作る際にこんな感じの要望はよくあります。
     そこでここではダイアログを使った複数もしくは単独のファイルの選択方法について説明してきます。

    ◆複数ファイルの選択方法

    この記事の内容を使ったツール

     この記事の内容を使ったツールは以下の記事のものになります。

    VBAツール:【Excel】複数ファイルーファイル毎一括圧縮ツール(Windows標準 zip圧縮)

    【Excel】「複数ファイルーファイル毎一括圧縮ツール」Windows標準のzipしか使えない環境でも、複数ファイルを一括でファイル毎にzipファイルにするツールです。



    ◆単独のファイルの場合

     ダイアログを使ってファイル指定する際には「FileDialog(msoFileDialogFilePicker)」を使います。
     ここではファイルを選択するとFunctionプロシージャ(ここではSelectFileDialog)に選択したパスを返し、キャンセルをすると空白のままで返します。
     単独ファイルなので、①部分は「False」にして、複数ファイル処理用のloop処理などを外してあります。
     上の「複数ファイル」で、「False」にすれば単独ファイルでも処理できるので、コード数を減らす以外は「複数ファイル」ので作っておいてもいいかもです。



    おすすめ