AccessVBA:【DoCmd】DoCmdオブジェクトについて


  • フォームを開きたい
  • クエリを実行したい
  • テーブルを開きたい
  • CSV・Excelで出力したい
  • Accessで終了ボタンを作りたい
このようなことをやりたい場合、「DoCmdオブジェクト」を使うと簡単にできます。
「DoCmdオブジェクト」とは、データベースオブジェクトをVBAから操作・制御するコマンドで、Accessの「マクロ」で行える操作も行うことができます。
例えば、「T_一覧情報」テーブルを開く場合は以下のようにシンプルです。

◆「DoCmdオブジェクト」で使える機能(メソッド)

ツールを作る際によく使う機能について一覧にしておきます。

アクション メソッド サンプルコード
テーブルを開く OpenTable DoCmd.OpenTable “T_一覧情報”
クエリを開く OpenQuery DoCmd.OpenQuery “Q_抜粋情報”
フォームを開く OpenForm DoCmd.OpenForm “F_メニュー”
SQLの実行 RunSQL DoCmd.RunSQL “DELETE * FROM T_一覧情報”
メッセージの設定 SetWarnings DoCmd.SetWarnings False
テキスト入出力 TransferText DoCmd.TransferText acImportDelim, “”, “T_一覧情報”, “C:\Users\一覧情報.txt”
Excel入出力 TransferSpreadsheet DoCmd.TransferSpreadsheet acExport, acSpreadsheetTypeExcel12Xml, “T_一覧情報”, “C:\Users\一覧情報.xlsx”, True, “出力結果”
終了する Quit DoCmd.Quit acQuitPrompt
acQuitPrompt:保存するかどうかの確認ダイアログ表示(デフォルト)
acQuitSaveAll:自動保存
acQuitSaveNone:保存しないで終了
閉じる(フォームなど) Close DoCmd.Close
DoCmd.Close acForm, “F_メニュー”


◆「DoCmdオブジェクト」関連の記事まとめ

AccessVBA:【DoCmd】【TransferSpreadsheetメソッド】Excelの取込み(インポート)と出力(エクスポート)

【DoCmd】「TransferSpreadsheet」を使ったExcelの入力(インポート)と出力(エクスポート)の方法について

AccessVBA:【DoCmd】テーブルデータのクリアとアラームの停止

【AccessVBA】DoCmdオブジェクトのRunSQLメソッドを使用したテーブルデータのクリアとアラームの一時停止について

AccessVBA:【DoCmd】DoCmdオブジェクトについて

【DoCmd】DoCmdオブジェクトの概略と基本的な使い方について

AccessVBA:【DoCmd】テーブルの作成、プロパティの設定

【AccessVBA】DoCmdオブジェクトのRunSQLメソッドを使用したテーブルの作成


おすすめ