UiPath:基礎2:テキストボックスの入力・入力前のクリアの方法


基礎1ではブラウザの起動までの説明を行いました。
基礎2では検索ボックスへの文字の入力方法について説明していきます。
ブラウザの起動については以下の記事をご覧ください。

UiPath:基礎1:ブラウザの起動方法

【UiPath】UiPathを使ったWebスクレイピングの基本となるブラウザの起動について説明します。

◆テキストボックスへの文字の入力方法

以下のオレンジ枠に任意の文字列を入力するとします。

(0)事前準備

ひとまず検索を行いたいブラウザを起動し、対象のWebページを開いておきます。

(1)「文字を入力」をアクティビティに追加

「文字を入力」を「実行」にドロップする。
場所:「UI Automation」⇒「要素」⇒「キーボード」⇒「文字を入力」

(2)「ブラウザー内で要素を指定」をクリック

「文字を入力」がシーケンス内にできるので、そこの「ブラウザー内で要素を指定」をクリックします。

(3)ブラウザの要素を指定する

事前に開いていたwebページで、テキストを入力したい場所を触ると色が変わるので、そこをクリックします。

(4)入力したい文字の登録

UiPathの「文字を入力」に選択した検索枠が表示されます。
その下の入力枠に、入力したい文字を入力すれば完了です。
※ダブルクオーテーションで囲みます。



◆入力前のテキストボックスをクリアする方法

「フィールド内を削除」を「True」にすることで、入力前に入っている値を削除できます。
場所:「プロパティ」⇒「オプション」⇒「フィールド内を削除」

以上、簡単ですがUiPathでブラウザのテキストボックスに文字を入力する方法でした。

◆関連記事

UiPath:基礎1:ブラウザの起動方法

【UiPath】UiPathを使ったWebスクレイピングの基本となるブラウザの起動について説明します。

UiPath:基礎3:ボタンのクリック、検索の実行方法

【UiPath】ボタンのクリック、検索の実行方法


おすすめ