VBA:【FSO】ファイルの削除「FileSystemObject」


  • ファイルをダウンロードする際、同じ名前のファイルがあれば削除したい。
  • ファイルを削除してから、同名の新しいファイルを作りたい。
  • このような場合「FileSystemObject(FSO)」を使ってファイルの削除をします。

    ◆ファイル名を指定して削除

    ファイル名を指定して、そのファイルだけを削除する方法です。
    削除するファイルはフルパスで指定します。

    ◆フォルダ内のファイルをまとめて削除

    ここではフォルダ内にあるファイルの削除を行います
    以下のサンプルコードの。
    (1)は、指定したフォルダのテキストファイルだけすべて削除します。
    (2)は、指定したフォルダ内のすべてのファイルを削除します。
    やりたいことによってどちらかをお使いください。
    ※対象フォルダのパスを間違えると意図しないファイルまで削除されてしまうので、パスにはご注意ください。

    ◆フォルダ内のファイルを全て削除

    フォルダ内のファイルをすべて削除する方法は他にも以下のものもあります。



    おすすめ