ExcelVBA:処理の高速化(2)「Application.ScreenUpdating = False」で描画の停止


 ExcelVBAのツールでシートを読み込んだり、書き込んだりしたりする処理が多くある場合、「Application.ScreenUpdating = false」で描画を停止するだけで、処理時間はかなり短縮されます。ひとまずこれを追加するだけで体感時間はだいぶ変わります。

サンプルコード

以下のようにメイン処理を挟む感じにするだけです。

高速化関連記事

ExcelVBA:処理の高速化(2)「Application.ScreenUpdating = False」で描画の停止

【Excel VBA】【Excel VBA】数行のコードを追加するだけで高速化。描画の停止方法について

ExcelVBA:処理の高速化(1)「Application.Calculation = xlCalculationManual」で手動計算にする

【Excel VBA】数行のコードを追加するだけで高速化。自動計算の停止方法について


おすすめ