VBA:【FSO】ファイルの実行場所のチェック「FileSystemObject」


  • ファイルサーバのファイルを直接開いていないか確認したい。
  • ネットワーク上のファイルを実行してほしくない。
  •  ローカルにダウンロードしてツールを使ったもらいたいのに、直接サーバのファイルを開いて使ってしまうユーザが出てきてしまう場合があります。
     それを防ぐために、どこに保存されているファイルを開いているかのチェックをすることが「File System Object(FSO)」を利用することで可能になります。

    ◆ファイルの実行場所チェック

     以下をExcel等で実行すると、そのファイルがサーバなどネットワークドライブにあるかないかのチェックができます。
    ※FSOを実行するには、VBEの「参照設定」で「Microsoft Scripting Runtime」が有効になっている必要があります。



    おすすめ