VBA:【Selenium】SeleniumBasicの基本的な使い方。ブラウザの操作、起動と検索


  • インターネットでデータ収集をしているが、自動化できないか
  • ブラウザを使った会社のシステムから毎日データを抽出しているが自動化できないか
  • ブラウザを使った会社のシステムにデータを毎日複数インポートしたいが自動化できないか
  •  会社のシステムから毎朝データをダウンロードして、その日の業務に使うということがよくあります。
     決まった手順の繰り返しになるので、自動で行えたらその時間を別のことに使えるので効率も上がります。
     UiPathなどのRPAなどを使ってももちろんできますが、ここではVBAを使って行う方法を説明していきます。

    ◆Seleniumとは

    Webブラウザ(Chromeなど)の操作を自動化するツールの一つです。

    SeleniumのVBAでの始め方

    以下の記事にインストールから設定までを書いていますのでご参考ください。

    VBA:【Selenium】Selenium Basicのインストールから設定まで

    「Selenium Basic」のインストールから設定まで説明していきます。

    【基本】サイトの検索ボタンを使って検索する方法

     以下では、chasou techのWebサイトを開いて、記事から「Selenium」を検索して表示させています。
     ※ブラウザのドライバのバージョンが異なっているとエラーになります。
    ドライバは頻繁にアップデートされるので、その都度動かなくなるところが困りどころ。。
    →VBAで自動更新処理を作って解決しました!以下記事をご覧ください。

    VBA:【Selenium×Edge】ブラウザのドライバのバージョンチェックと自動更新用VBAコード

    【VBA×Selenium】Edge:ブラウザのドライバとSelenium Basicのブラウザのドライバのバージョンを比較して、異なるバージョンの場合は上書きする方法について

    サンプルコード

    ブラウザを起動し、茶窓のサイト”https://tech.chasou.com/”を開いて、検索ボックスに「Selenium」と入力し、「検索」ボタンを押すまでのコードです。

    ◆Googleのトップページでの検索方法

    Googleのトップページでの検索についてもサンプルコードを載せておきます。

    XPathの取得方法

    XPathの取得方法については以下の記事に書いています。

    RPA・自動化:Google Chromeのデベロッパーツールを使ったXPathの取得方法

    【RPA・自動化】RPAやSeleniumで使うXPathの取得方法について


    おすすめ