VBA:フォルダの削除「RmDirステートメント」


  • フォルダを削除したい
  • 一時フォルダを作成したので削除したい
  • このような場合は、フォルダを削除する「RmDirステートメント」も使えます。

    ◆フォルダを削除する

    「RmDirステートメント」の構文としては以下のようになります。
    ※ファイルがフォルダ内に存在しているとエラーになります。

    以下がサンプルコードとなります。標準で使えるものなのでコードもシンプルです。

     ファイルを削除する「Killステートメント」と組み合わせて、以下のようにすればフォルダの削除ができるようになります。

    「Killステートメント」については以下で記事にしています。

    VBA:ファイルの削除「Killステートメント」

    【VBA】ファイルの削除「Killステートメント」について



    おすすめ