VBScriptの紹介


  • VBScriptって何?
  • VBScriptを使うと何ができるの?

  • など、いまさらですがVBScriptでできることを知りたい方の一助になれば幸いです。

    ◆VBScriptでやれること

  • PC業務の自動化
  • Excelのマクロ実行やコピペなどの単純作業の自動化
  • フォルダの操作 etc.

  • VBScriptを使えば、手作業で行っている計算やコピペなどの作業を自動化できます。計算ミスやコピペミスなど単純作業のミスが減るだけでなく、作業時間も大幅に削減することも可能です。

    ◆VBScriptの特徴

  • WindowsPCならメモ帳を使うだけなので、新たにソフトを入れるなど開発環境を構築しなくていい。
  • コードもほぼVBAなので普段ExcelなどでVBAを使っているととっつきやすい。
  • 日々の単純作業を自動化するツールが簡単に作れる。 etc.

  • 「VBScript」はMicrosoftが開発し、Windowsに標準搭載されているスクリプト言語のため、会社のPCでも新たにソフトを入れる必要もなくすぐに使うことができます。
    開発もメモ帳でできるので、会社のPCで新たにソフトを入れることができない場合でもツール作成や利用ができます。

    ◆VBScriptのめんどくさいところ

    ExcelやAccessなどのVBAだとデバック機能があり、エディターでエラー発生時に原因の特定が容易にできます。
    しかしVBScriptはメモ帳などのテキストファイルに記述するだけなので、デバック機能はありません。
    そのためエラーがあったときにどこが原因かを探すのがちょっとめんどくさいです。

    関連記事

    VBScript基礎4:配列

    VBScriptでの配列についての説明です。

    VBScript基礎9:ファイルのコピーや削除。FileSystemObject

    VBAでもよく使う、「ファイルシステムオブジェクト(FileSystemObject、FSO)」の説明です。

    VBScript基礎8:WScriptオブジェクト。ドラッグ&ドロップでファイル名やパスを取得する

    VBScriptのツールにファイルをドラッグ&ドロップする際に利用する、WScriptオブジェクトの説明です。



    ●関連記事

    VBScript基礎4:配列

    VBScriptでの配列についての説明です。

    VBScript基礎9:ファイルのコピーや削除。FileSystemObject

    VBAでもよく使う、「ファイルシステムオブジェクト(FileSystemObject、FSO)」の説明です。

    VBScript基礎8:WScriptオブジェクト。ドラッグ&ドロップでファイル名やパスを取得する

    VBScriptのツールにファイルをドラッグ&ドロップする際に利用する、WScriptオブジェクトの説明です。

    VBScript基礎3:変数のスコープ

    ここではVBScriptで変数を宣言した場合、どの範囲まで有効かという変数のスコープについ...

    VBScript:Excel集約ツール

    Excelファイルを集約するVBScriptのツールについて

    おすすめ