VBScript基礎3:変数のスコープ


ここではVBScriptで変数を宣言した場合、どの範囲まで有効かという変数のスコープについて書いていきます。

◆変数のスコープ

基本的にプロシージャ(関数)内部で変数が宣言された場合、その変数は宣言されたプロシージャ内でのみ有効です。
以下の場合、「MsgHello」プロシージャ内でのみ「Dim A」は有効です。

そのため、次のようにプロシージャの外にある場合はエラーとなります。

◆グローバル変数のスコープ

グローバル変数はどのプロシージャからも利用できます。
VBScripではプロシージャの外で宣言した変数はグローバル変数となります。
上の例の変数の宣言位置を変更すると以下のようになります。



●関連記事

VBScript基礎4:配列

VBScriptでの配列についての説明です。

VBScript基礎9:ファイルのコピーや削除。FileSystemObject

VBAでもよく使う、「ファイルシステムオブジェクト(FileSystemObject、FSO)」の説明です。

VBScript基礎8:WScriptオブジェクト。ドラッグ&ドロップでファイル名やパスを取得する

VBScriptのツールにファイルをドラッグ&ドロップする際に利用する、WScriptオブジェクトの説明です。

VBScript基礎3:変数のスコープ

ここではVBScriptで変数を宣言した場合、どの範囲まで有効かという変数のスコープについ...

VBScript:Excel集約ツール

Excelファイルを集約するVBScriptのツールについて

おすすめ